someone like you

二上詰将棋200題

初版は1967年1月発行らしい。私が購入するのは、それから3年余りのち。
初めて買った詰将棋の本だった。

1作だけ選ぶとすると何と言ってもこの作。(11手詰第37問)
1150futagami0手
今の目で見ても感心する。古今短編名作選収録。

もう1作選ぶとなるとこの作。(11手詰第27問)
二上200_11-270手
やや単純かもしれないが11手にキッチリとしたストーリー。

上の作とたぶん同じ発想かと思える作。(11手詰第35問)
二上200_11-350手
18香にするのは駄目なのかと思う貴方は鋭い。

将棋世界1977年1月号北原義治(11手詰)
4394kitahara0手
当時の将棋サロンの選者は二上九段のような気がするのだが、ご存知の方は教えてください。
------
(追記)
2番目の作に関連して解答欄魔さんが紹介してくれた作を載せます。
パラ1979年2月号谷口昇一(白雨105番、35手詰)
3640taniguchi0手
なお、作意9手目は69角だが、これは非限定。
118:11手詰第27問

谷口昇一氏(詰パラ1979年2月号)にこの手順を使った作があります。確か『白雨』に収録されていたような気が。
うまいなあと感心したので覚えています。

2014.05.29 16:06 解答欄魔 #V5TnqLKM URL[EDIT] 返信
119:Re:解答欄魔さん

ご紹介ありがとうございます。追記させていただきました。
しかし随分と凝った手順ですね。

2014.05.29 23:33 EOG #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する