someone like you

12桂の中合

最近、スマホ詰パラに発表された作。
スマホ詰パラ35630手
柏川作にある中合だがうまくまとめている。
しかし、即座に野月七段作と同一との指摘が。
http://pbs.twimg.com/media/BfOHx_MCEAAv5_4.jpg
第22回全国高等学校文化連盟将棋新人大会は今年の1月30日~2月1日の開催なので偶然とは考えにくいか。

検索してみると同一手順作はすでにあった。
将棋マガジン1992年12月号森田修平(9手詰)
3170morita0手

さらに逆算している作が次の2作。
パラ2002年09月号小峰秀夫(17手詰)
(作者名表記はT-Baseに従ったが小峯の誤りか?)
2051komine0手

近代将棋2002年10月号北川明(13手詰)
0638kitagawa0手
近代将棋は前月発売だろうから同じ月の発表ということになる。
当時話題になったのだろうか?

柏川作はこちら。解説は「詰将棋の欠片」で。(リンクさせてもらいました)
近代将棋1963年3月号柏川悦夫(13手詰、塚田賞、詰将棋半世紀・駒と人生100番)
2722kashikawa0手

ただ、中合でなく捨合の作としてはこの作以前に次作がある。
パラ1958年5月号森田正司(21手詰、高校最優秀作(半期賞)、春霞38番)
4166morita0手

ちなみにこれは詰棋界1956年1月号森田正司(17手詰)の修正図のようだ。
1392morita0手
初手32飛、3手目45角及び32角の余詰あり。
93:推敲図

12桂合素材を16桂~15龍捨てでまとめれば柏川作があっても新作と思いますが、創作時に柏川作を知っていたら創る気がしないと思います。
柏川さんは16桂~15龍の収束は考えたけど、31香、35角の配置が収束と関連した配置で推敲して得た手順と思っていますがどうでしょう?

2014.02.27 19:38 三輪 勝昭 #- URL[EDIT] 返信
94:Re:三輪さん

コメントありがとうございます。

柏川さんなら当然15龍の収束が見えるはずなのに何故そうしなかったのかが不思議ですが、
それ以上に14金と33銀がやりたかったのだと理解しています。

2014.02.27 22:51 EOG #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する