someone like you

歩香重ね打ち

歩香重ね打ちの例を調べていたら
谷口均さんがいろいろ手掛けていることに今さらながら気がついた。
(どこかで読んだ気もするのだが)

①詰将棋パラダイス1982年4月号(孤愁の譜43番、半期賞)
taniguchi14470手

重ね打ちをして角の利きを予め遮断できるようにしておかないと後の桂打ちが出来なくなる。
といっても角を動かさなければ桂打ちはいつでも出来るわけで、知らないと悩みそうだ。

玉方の駒の利きを遮断する重ね打ちはOT松田がオリジナルかな。
近代将棋1972年7月号OT松田作(塚田賞)
matsuda06670手


②近代将棋1993年9月号
taniguchi25820手

玉方に香があると後で香合をされて詰まない。
こういうケースでは香を渡さないように不利先打をするのが通常だが、
本作は重ね打ちで香を渡さないようにする。
これはオリジナルか。


③詰将棋パラダイス1994年9月号
taniguchi28610手

味方の大駒の利きを遮断し後の打歩詰を回避する。
途中、馬筋を通す伏線的な手順が入るので、手順を並べるだけでは理解しにくい作になっている。
①は敵駒の遮断だが、こちらは自駒の遮断。これもオリジナルか。


④将棋世界1996年2月号
taniguchi34050手

こちらは逃げ道封鎖の意味合いだが、先に香を打つと後の成捨てが見えなくなる。
解くのに苦労しそうだ。


おまけ。重ね「打ち」ではないが、その雰囲気は充分。
近代将棋1996年9月号
taniguchi35100手

管理者にだけ表示を許可する