someone like you

ネタ帳から

201305院0964手

上の図はパラ2013年5月号添川公司作「優駿」の64手目の局面。
作意は63桂成だが、ここで浮かんだ手順は43銀、61玉、83馬上、51玉、63桂、62玉、61馬、63玉、52馬まで。
83馬に替えて下図にように52角と右から打つ手もありそうだ。
こちらの方が桂跳ねの味は良さそう。とりあえずネタ帳フォルダーに収納。
13Oct22a0手

でそのまま忘れていたが、先日フォルダーを見返していて上図に再会。
少し逆算してみようかと思ったが、あってもおかしくない手順なので調べてみると
何のことはない「優駿」の2か月前に解いている作があった。

パラ2013年3月号鈴川優希作
201303デパ10手

自分が手掛けたとしても、こう上手く逆算出来なかったことだけは断言できる。
42:巧いね~

鈴川君の作品は13銀は成れば11玉の一手なのに、逃げる余地を与えるので感触が素晴らしくなっている。
そして23玉の変化も角を効果的に使い、角以外の合駒だと成らないと詰まない構成も良いところ。
僕は序の4手のような手順が嫌いなんですが、この作品はこの4手が生きていて完成品と思います。
作者の良さが非常によく出た作品と言えます。

2013.10.22 23:40 三輪 勝昭 #- URL[EDIT] 返信
43:Re: 三輪さん

本当に手掛けなくてよかったです。

2013.10.23 19:41 EOG #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する