someone like you

初段の[実戦]詰将棋150

ツイッターを眺めていると時々「森内名人の初段の詰将棋150」の作が紹介されている。
うまいなあと思って見ていたが、
実は「監修 森内俊之/作・編者 森敏宏」だと知り早速買い求めた。

詰棋めいとの巻頭を飾った作がさりげなく置かれていたりする。
◆初段の[実戦]詰将棋150、136番
(=詰棋めいと第14号(1993年3月)阿部玲二名義)
初段の実戦詰将棋136★0手

解図はせずに作意を追っただけだが、15手以下で大部分が自陣玉にも関わらず感心する作もチラホラと。
ただ、その中に森さんのイメージとは異なる作があり、気になるので調べてみた。
◆初段の[実戦]詰将棋150、102番
初段の実戦詰将棋102★0手

近代将棋1970年3月号昼間勉作の3手目からと同一手順
(昼間作は初手12桂成で余詰)
0046hiruma0手

作・編者とあるのはこの辺を指しているのかもしれない。

特に感心する作ではないが、もう一作。
こちらは思いつきやすい手順なので偶然だろう。
◆初段の[実戦]詰将棋150、102番
初段の実戦詰将棋1440手

近代将棋1978年12月号飯尾晃作
197812近将0手

23桂を23歩・15とにすると25手詰だが、ますますだらけると思いこの図で投稿した記憶がある。

こんな作も見つけた。
将棋世界1988年7月号佐藤光勇作
1630satou0手

管理者にだけ表示を許可する