fc2ブログ

someone like you

金田秀信の詰将棋543①

「金田秀信の詰将棋543」は初期の100局を担当したが、
なんだかんだあって、解説を書いたのは70局弱だった。

◆王将1948.5(17手詰)
00130手

玉の左右と真下、3方向に捨駒を放つ。
しかし5手目32角、12玉、22飛でも同じように詰む。

柿木将棋は手順前後の判定だが、これは余詰でいいだろう。
その後の作品集にも収められていないので作者もその認識だったに違いない。

修正するには22飛、同銀、32角、12玉が詰み、
32角、12玉、22飛は詰まないようにしないといけない。

散々悩んだ末、次図にたどり着いた。
0013修0手

5手目角打は同銀が逆王手となる。ついでに馬捨てをタダ捨てにし手数も切詰めた。
でも金田作品で双玉ってあったっけ?

不採用だった。

管理者にだけ表示を許可する