someone like you

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋世界2018年1月号

◆詰将棋サロン、森敏宏
201801将世10手

近代将棋1979.9佐藤正範(5手詰)
2721satou0手

パラ1999.7岡田敏(11手詰、「蒲公英」#26、修正図)
蒲公英260手

内藤國雄「のびのびしみじみ7手詰」#80(7手詰、2008.3発行)
20140508内藤0手


◆詰将棋サロン、田中颯
201801将世20手

これは次図を逆算したとしか思えないのだが疑り過ぎか。
内藤國雄「カンタン詰将棋」#219
内藤カンタン2190手


◆詰将棋サロン、本田勇
201801将世60手

詰棋界1955.3荻野修次(13手詰)
1168ogino0手


◆詰将棋サロン、平松準一
201801将世70手

17桂~25桂で16の駒を消去するのは普通だが、15の駒を消去するのは珍しい。
しかし、馬の移動から飛車捨てまでの手順が古典にあったとは。
九代大橋宗桂「将棋舞玉」#56(37手詰、天明六年≒1786年献上)
1162kudai0手

なお、類作がないので掲載しないが柳原裕司作は早くも年間最優秀作候補が現れたという感じ。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。