someone like you

詰将棋パラダイス2016年4月号(その1)

◆表紙、沖昌幸
201604表紙0手

早い段階で指摘されていたが、2008年2月発行の谷川浩司「光速の詰将棋」No.96と同一。
先行作についての指摘もあった。
近代将棋1960年11月号南倫夫(15手詰)
minami0手

近代将棋1987年8月号岡田敏(15手詰)
okada0手


◆ヤング・デ・詰将棋、中出慶一
 金を質駒にするのが露骨なので気付きにくい。
201604ヤ20手

近代将棋 1980年06月号南倫夫(25手詰)
3016minami0手


◆ヤング・デ・詰将棋、幻想夢人
201604ヤ30手

収束角の成捨てでなく、龍捨ての作があったので紹介
将棋世界1986年9月号金子哲哉(11手詰)
1273kaneko0手


◆小学校、久保紀貴
201604小160手

実は2手目の応手がよく分かっていない。

パラ1968年6月号破天荒(伊藤果「残影」No.3、5手詰)
2580itou0手

将棋世界1976年5月号赤羽守(17手詰)
4298ahaha0手
「信濃路」には収録されていない。


◆中学校、三輪勝昭
 配置は大仰だが手順は意外とちんまり。
201604中180手

飛車を捨てる位置が違うけど、こちらの方が好きだな。
近代将棋1994年2月号植田尚宏(13手詰)
2687ueda0手
312:取らずの手筋

僕の作品は合駒の銀を取らずの手筋にしたかったので、全く違う作品ですね。
それと配置はこの号では少ない配置に収まっています(笑)。
作品自体は地味な狙いなのに、配置が多く失敗作の評価になると思います。

2016.05.01 00:29 三輪 勝昭 #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する