someone like you

同一作検索の漏れ(その1)

空気ラボの同一作検索は使いやすい上に、詰将棋年鑑や単行本の作も登録され重宝している。
ただ現在のところ将棋ジャーナルがまだ登録されていないので、今月号のパラでは同一作が掲載されてしまった。

単行本も網羅することは難しいだろうから、こちらの本のほうが早いという例もある。
気付いた都度、載せておくことにする。

◆「二上詰将棋代表作」(二上達也、1974年10月発行)初段問題No.4
2627kita0手

同一作検索では、パラ1994年6月号北の土龍。
(収束、非限定あり)


◆「二上の詰め将棋」(二上達也、1974年11月発行)5手詰No.12
3674hara0手

同一作検索では、近代将棋1997年3月号原島利郎。


◆同書11手詰No.8
二上詰将棋11_080手

同一作検索では、読売新聞1996年9月23日中田章道。


◆「二上の新詰将棋」(二上達也、1977年11月発行)No.44
二上新詰将棋440手

同一作検索では、大内延介と西村一義の名前が出てくるが、こちらの方が古そう。
258:“読売新聞”

細かい話で申し訳ありません。

1996年の中田喜道作ですが、これって読売新聞でも西部本社版だけの掲載だったような記憶があります。単に“読売新聞”と書くと誤解を招く(実際に新聞を確認する人はそうそういないでしょうが、東京本社の新聞を見て「ない」と思う人もいるかも知れない……)ような気がして落ち着きません。
既に、DBに収録する時点で、そこまで考えてはいないような気もする(実物を見ていないので、断言はできませんが)のですが、こうして引用した結果を見ると、気になってしまいます。

――問題視するのは私だけかも知れませんが、一応は指摘しておきたく。

2015.05.26 22:35 ごどう #- URL[EDIT] 返信
259:Re: ごどうさん

コメントありがとうございます。

同一作検索では、ちゃんと「読売新聞(西部) 」となっています。

私自身は、どこの版であろうと読売新聞に変わりはないと思っているので、(西部)を省いています。

2015.05.26 22:45 EOG #- URL[EDIT] 返信
261:

読売新聞の場合詰将棋を掲載したのは, 東京版, 大阪版, 西部版, 福島県版とあり, それぞれ別の作品が出題されていますので, やはり区別した方がよろしいかと思います.

2015.05.27 14:30 佐原 #- URL[EDIT] 返信
263:Re: 佐原さん

毎回、ありがとうございます。

福島県版限定での出題があるんですか。

モヤモヤする部分はありますが、今後はご忠告に沿うようにします。

2015.05.27 20:29 EOG #- URL[EDIT] 返信
264:Re: Re: ごどうさん

今朝起きたとき、昔の記憶がよみがえり、ごどうさんが指摘する理由が分かりました。

2015.05.27 20:34 EOG #- URL[EDIT] 返信
265:

え、何だろう……? ドキドキ。――ま、聞かないでおきますけど。

福島県版というのは、昔どこかで読んだことがある気もしましたが、南倫夫さんが出題した――とかいったものかも? 県版のページに載るだけなので、特に複雑なものではないと思われます。

2015.05.28 05:41 ごどう #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する