someone like you

詰将棋パラダイス2015年3月号(その2)

◆大学、宮原航
 我が家の柿木先生は詰めてくれないので仕方なく考え始めたところ、
 プロトタイプを以前見ていることに気付いた。
201503大70手

この打換え例は何作かあるものの不利合駒・不利交換を組み合わせた作はたぶんないと作者に回答したが、
打換えの例として示したのは次の作。
富沢岳史「ミーナ氏の作品集」49番(25手詰)
宵鶴の間ミーナ490手
これは未発表作だったようだ。何とももったいない話。

ついでながら短大の若島作を調べているときに見つけた同じ作者の作を紹介。
パラ1998年11月号富沢岳史(43手詰、ミーナ氏の作品集38番)
3123tomizawa0手
初手59飛に対して58桂の合駒をしたいがそれは禁じ手。
でも58桂成なら禁じ手ではないよねという作。
禁じられた遊び手筋の応用とか。


◆大学院、山路大輔
 小駒煙
201503院60手

3筋の香が32に成る収束は「嫦娥」を嚆矢として小駒煙の常道。
十五級子作をと思ったが既に「詰将棋かも」で紹介済みだった。

北原さんが考えていた収束はこれかな。
近代将棋1981年10月号北原義治(39手詰)
3443kitahara0手


◆入選200回記念作品展、八尋久晴
 5筋の配置が苦しい。
201503八尋30手

ツイッターでランスさんが指摘した2作。
パラ1988年10月号八尋久晴(45手詰)
2225yahiro0手

パラ2010年4月号八尋久晴(27手詰)
5028yahiro0手

イジるたびに段々と・・・


◆たま研作品展、有吉弘敏
201503たま20手

事前に課題作を見る機会があったので次の作を挙げた。
近代将棋1965年5月号山田修司「新水車」(63手詰、夢の華55番、改良図)
夢の華550手

馬の開き王手が入る点が異なるのだが。


◆デパート、上谷直希
 中合が効かない。
201503デパ10手

香打ちから龍捨ては次の作にあるが盤面5枚で出来るとは。
パラ1980年5月号柳原裕司(11手詰)
4665yanagihara0手

柳原作を先行例として取り上げるのはこれで4回目くらいか。
結構、先を進んでいたのだなと今にして思う。
239:大学の宮原氏作

ウチの柿木でもダメでした。
短手数用で回してもダメみたいですが、古いバージョンの柿木(Vとか?)では1分以内で解いてくるらしいので、もしかすると新しいバージョンと古いバージョンでは、解答ロジックが違うのかもしれません

2015.04.02 11:09 パパス #- URL[EDIT] 返信
240:Re: パパスさん

柿木はバージョン7から使っていますが8を購入した時に7は捨ててしまいました…

2015.04.02 18:58 EOG #- URL[EDIT] 返信
241:二歩禁ルール

僕の柿木のバージョンは香を歩に打ち換える順はどんなに簡単に創っても詰まさない事は知っていました。
二歩禁ルールがなければ、絶対にあり得ない手順と認識するためと思われます。

2015.04.02 19:11 三輪 勝昭 #- URL[EDIT] 返信
242:未熟な作り方

自作は香打の非限定などあまりにも未熟。いまなら、香は37に置いて開き王手にするでしょうね。いずれにしてもこの筋は決定版が出ているので、改良する価値はありませんが。

2015.04.04 17:33 柳原裕司 #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する