fc2ブログ

someone like you

金田秀信の詰将棋543㉝

今回が最後です。

◆第260番 詰将棋パラダイス1962.7
本作は巻末の「私のベスト10」にも載っているが
そこには将棋教室1949.11とある。

雑誌「将棋教室」の詰将棋はT-Baseに登録されていないが、
詰将棋の欠片」にはリストが掲載されている。

それによると1949.12月号に金田作がもう1作ある。
そこで小池さんに教えてもらった図がこれ。
金田438b0手

廃刊のため結果発表がないが、84桂、同歩、83銀、同金、81角以下13手詰だろう。
但し、初手61飛成で余詰。また、4手目63玉が2手長になる。

ということで
◆第438番 実戦型詰将棋百題1965.12
これは将棋教室1949.12の修正図。

金田秀信の詰将棋543㉜

◆第535番 将棋評論1951.9改
これは私の修正案。原図は次図の23手詰。
金田535b0手

第461番と同じ収束なので21手目に33龍があるが、
461番と同様に「金田秀信全作品」には原図のまま収録されている。

461番は44銀を置くだけで済んだが、本作はそれでは詰まなくなってしまう。
仕方がないので33龍は最終手余詰ということにして2手切詰めた。

35歩を玉方37角にすれば作意どおりの進行になるが、大仰な配置に思え35歩を選択した。
桂打の地点が変わってしまい、これも駒場さんには叱られそうだが。


◆第536番 将棋春秋1957.2改
これは「金田秀信全作品」収録図で、原図は43歩→43香。
なんと本作は握り詰で、将棋評論1948.1の「創作一握り詰」入選作。
なので正しくは将棋評論1948.1改。

T-Baseには将棋評論の握り詰が登録されていないが、
「詰将棋ファン第3号」で小池さんが一挙に紹介している。

将棋春秋1957.2で野口益雄氏が「思い出の名作詰将棋」として本作を取り上げている。
「詰棋評論」に収録されているので、こっそり載せておく。
2023-10-20.jpg



◆第538番 近代将棋1959.1
これは将棋評論1951.6の修正図。
原図は次図で3手目15角以下余詰。
金田538b0手


◆第541番 詰将棋パラダイス1962.7
これは巻末の「私のベスト10」に記載があるとおり、将棋とチェス1949.12改。
原図は次図で2手目21玉で不詰。
金田541b0手


金田秀信の詰将棋543㉛

◆第521番 実戦型詰将棋百題1965.12.2
これは将棋評論1949.6の改良図。
原図はこちら。
金田521b0手


◆第531番 短編詰将棋七十番2000.2
これはパラ2012.7の名局ライブラリーで紹介されているが年賀詰。


◆第532番 詰将棋パラダイス1952.1改
これは近代将棋1971.7「私の快心作」掲載の修正図。
原図は86となく初手83銀成以下余詰。


◆第533番 詰将棋パラダイス1952.5改
これは私の修正案。
原図は24金→持駒金で初手16歩以下余詰。

金田秀信の詰将棋543㉚

◆第511番 将棋世界1997.9
これはおそらくパラ1950.5(次図)の改良図。
金田511b0手


◆第512番 詰将棋パラダイス1950.4改
これは私の修正案。
原図は21角→21桂52銀で3手目14龍以下余詰。

将棋評論 1951.12に修正図とおぼしき次の作が。
金田512b0手
5手目24角で余詰。手順は当初の作の方がよい。

「実戦型詰将棋百題」や「金田秀信全作品」には次のカット版が収録されている。
金田512c0手


◆第514番 実戦型詰将棋百題1965.12
同一検索すると近代将棋1951.12爪木宗佐久と出てくる。
当時近将の詰将棋欄を担当していたのでペンネームを使ったのだろう。

第529番も爪木宗佐久名義での発表。


金田秀信の詰将棋543㉙

◆第495番 金田秀信全作品1974.10改
正しくは近代将棋1950.5改。
原図は53歩なく初手21角や22銀成で余詰。

「金田秀信全作品」にも原図で収録されたが、
余詰指摘を受け53歩追加と野口文庫のどこかに書かれていたような気がする。


◆第497番 詰棋界1951.4
これは私の修正案。
原図は15歩なく初手25桂打以下余詰。

T-Baseは作意不明とし余詰手順が登録されている。


◆第499番 将棋評論1949.12改
これも私の修正案。
原図は次図。
金田499b0手

作意は初手31金だが、32金・33桂・42飛のいずれでも詰み。
さらに3手目43桂・42飛成、5手目42飛成、7手目42飛成、9手目54桂の余詰もある。

というわけで相当強引な修正になってしまった。
特に初形の玉位置が変わってしまったので駒場さんには叱られそうだ。

金田秀信の詰将棋543㉘

◆第484番 新春の詰将棋1969.1
これは小林氏の修正案なので、新春の詰将棋1969.1改。
原図は83香→83歩で初手73歩成以下余詰。

なお、原図の原図は将棋世界1947.7発表の次図。
初手81角以下余詰。
金田484b0手


◆第490番 近代将棋1990.11
のちの「短編詰将棋百番」には頭6手をカットした次図が収録されている。
金田490b0手


◆第494番 詰将棋パラダイス1950.7改
これは小泉氏の修正案。
原図は33香→33歩で初手51銀以下余詰。

解説で「掲載号の記事によると・・・」と書いたが「将棋雑記」で読めます。

金田秀信の詰将棋543㉗

◆第461番 近代将棋1951.10改
これは私の修正案。
原図は巻末の「私のベスト10」にあるとおりで13手目33龍以下余詰。

これも第456番と同じく作者も解答者も選者も瑕瑾という認識だったのだろう。
「金田秀信全作品」にも原図のまま収録されている。

とは言え、今はそうもいかないので44銀を置いた。


◆第462番 将棋評論1951.7改
これは近代将棋1959.1掲載の修正図。
原図は43歩なく48馬→37馬で3手目16香と7手目27香の余詰がある。

なお、その後の「実戦型詰将棋百題」には43歩を除いた図が収録されているが、
それでは7手目27香の余詰が消えていない。


◆第474番 将棋評論1952.4改
これも私の修正案。
原図は42飛、75と→63銀、74歩で13手目72馬以下余詰。7手目91龍の迂回手順もある。

これも原図のまま「金田秀信全作品」に収録されており、問題なしという認識だったのだろう。

金田秀信の詰将棋543㉖

◆第441番 近代将棋1990.8改
これは「短編詰将棋百番」収録の改良図。
原図は21と→11銀。


◆第456番 詰将棋パラダイス1950.6
これは私の修正案なので正しくは詰将棋パラダイス1950.6改。
原図は61歩がない15手詰で13手目62角成の余詰。

当時は「だから何?」という認識だったと思うが、
今の時代はそうもいかず、角が遊んでしまうが61歩を追加した。


◆第457番 将棋評論1950.6改
これも私の修正案。
原図は次図で初手24角以下余詰。
金田457b0手

T-Baseには余詰手順が登録されているが、
将棋評論にはちゃんと作意手順が記載されている。
なお、修正図の41歩は2手目の変化を駒余りにするためだけの配置。

金田秀信の詰将棋543㉕

◆第431番 近代将棋1958.7改
これは私の修正案。
原図86歩なく初手93香成以下余詰。

なお、近代将棋の解答は4手目から82玉、62飛成、91玉、81金、同玉、63角成、91玉、※71龍、92玉、81龍までとなっている。
※では93香不成で1手詰。73馬もある。明らかに変なのでT-Baseの手順に従ったが、本当のところはよくわからない。


◆第434番 近代将棋1950.12
私の解説中524番とあるのは520番の誤りです。
ごめんなさい。


◆第436番 将棋評論1950.7
「実戦型詰将棋百題」や「金田秀信全作品」には本作のカット版である次図が収録されている。
金田436b0手

確かに金田流の作だが、旧作の序の4手は捨て難いと思い今回選ばせてもらった。

将棋世界2023年9月号

◆詰将棋サロン、中尾悟志
202309将世50手

5手目からは利波作とかぶるが、銀合を出したのは偉い。

パラ2007.8利波偉
19370手


◆詰将棋サロン、妻木貴雄
202309将世70手

「目新しい収束」と解説にあったので調べてみた。
確かにそうだったが、せっかく調べたので似た収束を並べて置く。

スマホ詰パラ、2020.12.20 No.15896 三輪勝昭
スマホ詰パラ158960手

旧Twitter、伊藤果 @hi1844 2021.5.8
20210508伊藤0手

金田秀信の詰将棋543㉔

◆第412番 新王将1954.12
原図は16歩26歩→攻方25歩の9手詰なので、正しくは新王将1954.12改。
野口益雄氏の「詰棋評論」(1977刊)を読んだ人なら、あの作かと思い出すかも。

ネットではバビル3世ブログで紹介されているが、
念のため、原典も載せておこう。
2023-10-10a.jpg

もっとも一歩の修正だけでは香を離して打つ手があるので16歩が必要になる。
収録図はパラ1973.3の図だが、当時のパラは持っていないので誰が直したのかはわからない。

ただ「実戦型詰将棋百題」や「金田秀信全作品」には原図のまま収録されているので、
金田氏は自作と認識していないのかもしれない。


◆第422番 将棋世界1949.3改
これは「実戦型詰将棋百題」収録の改良図。
原図は次図。8手目に変同がある。
金田422b0手


金田秀信の詰将棋543㉓

◆第403番 実戦型詰将棋百題1965.12
これは近代将棋1962.2の改良図。
原図は次図の15手詰。
金田403b0手


◆第404番 将棋世界1986.4改
これは「短編詰将棋七十番」収録作。
将棋世界1986.4改とあるが、
将棋世界1986.4は第232番なので何かの間違い?


◆第408番 実戦型詰将棋百題1965.12改
これは小林氏の修正案。
原図は54歩なしで初手54飛以下余詰。

なお、パラ1976.8の読者サロンに余詰指摘があり、
その際54歩の脱落?とコメントされているようだ。

金田秀信の詰将棋543㉒

◆第382番 近代将棋1963.1改
これは小林氏の修正案。
原図は34銀→34歩で5手目31角以下余詰。


◆第383番 将棋評論1952.7
これは第65番で取り上げています。


◆第398番 近代将棋1951.3
実は近代将棋も「金田秀信全作品」も最終手は22龍。
だが流れからすると11龍の方がいいと思い、小泉さんに相談して変えました。
ごめんなさい。


金田秀信の詰将棋543㉑

◆第354番 短編詰将棋百番1993.6
これは近代将棋1989.7の修正図。
原図は22銀45馬→22歩45角で初手52金以下余詰。


◆第372番 近代将棋1951.2改
これは「実戦型詰将棋百題」収録図。
原図は2間右寄せの図(つまり初形37玉)


◆第376番 将棋評論1950.9
これも「実戦型詰将棋百題」収録図なので、正しくは将棋評論1950.9改。
原図は次図で7手目47飛以下余詰。
金田376b0手


◆第378番 近代将棋1964.3改
これは「新春の詰将棋」収録の改良図。
原図は次図。
金田378b0手

これを飛角図式に仕立て直すとはね。

金田秀信の詰将棋543⑳

◆第339番 詰将棋パラダイス1950.4改
これは私の修正案。
原図は53銀→43歩で初手22龍以下余詰。


◆第344番 詰将棋パラダイス1962.7
これは巻末の「私のベスト10」にあるとおり、王将1950.1の修正図。


◆第348番 近代将棋1983.2改
これは小林氏の修正案。
原図は55飛→45飛で初手23歩成以下余詰。


◆第352番 将棋世界1949.1
発表時、余詰ということで作意発表がなかったらしいが
どうやら完全作のようなので今回収録された。

パラ1952.2の次図が修正図?のようで、「金田秀信全作品」にはこちらの図が収録されている。
金田352b0手


金田秀信の詰将棋543⑲

◆第325番 短編詰将棋百番1993.6
「短編詰将棋百番」には1987年の年賀状に載せたと書いてあったと思う。


◆第328番 実戦型詰将棋百題1965.12改
これは小林氏の修正案。
原図は34歩なしで初手23角成以下余詰。

なお、原図を同一検索すると作者不明で徳島新聞1953.7.30と出てくるが、
初出は近代将棋1953.1付録「詰將棋短篇傑作集」である。


◆第335番 実戦型詰将棋百題1965.12
これは近代将棋1953.3の改良図。
原図は52馬→攻方52角玉方53歩。

金田秀信の詰将棋543⑱

◆第307番 将棋世界1947.10改
これは私の修正案。
原図は34銀→34歩で初手52飛打以下余詰。


◆第312番 短編詰将棋百番1993.6
「短編詰将棋百番」には1993年の年賀状に載せたと書いてあったと思う。


◆第322番 短編詰将棋七十番2000.2
初出は読売新聞(西部)1997.5.8

金田秀信の詰将棋543⑰

◆第294番 将棋世界1949.7改
これは私の修正案。
原図は35歩→44歩で初手71飛成以下及び3手目33銀成以下余詰。


◆第299番 将棋春秋1956.10改
これは「実戦型詰将棋百題」収録の改良図。
原図は次図。
金田299b0手



◆第303番 将棋世界1949.11改
これは「新春の詰将棋」収録の改良図。
原図は次図。
金田303b0手

金田秀信の詰将棋543⑯

◆第278番 詰棋界1951.8
出題篇では第314番となっている。
不要駒の44歩がある第314番が詰棋界発表図。


◆第284番 将棋ジャーナル1988.10改
これは「短編詰将棋百番」収録の改良図。
原図は持駒の金が攻方11と配置になっている。


◆第286番 将棋世界1953.2
これは私の修正案なので、正しくは将棋世界1953.2改。
原図は37と→36歩で初手33飛以下余詰。

金田秀信の詰将棋543⑮

◆第263番 短編詰将棋百番1993.6
「短編詰将棋百番」には1989年の年賀状に載せたと書いてあったと思う。


◆第265番 短編詰将棋百番1993.6
「短編詰将棋百番」には将棋讃歌1979.7発表と書いてあったと思う。


◆第276番 金田秀信全作品1974.10
これは小林氏の修正案なので、正しくは金田秀信全作品1974.10改。
原図は52角→52馬で5手目12龍以下余詰。