someone like you

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋世界2017年9月号、10月号、11月号

◆9月号詰将棋サロン、山川悟
 飛車打ちから始めたのは偉い。
201709将世70手

7手目以降は勝浦修「勝浦詰将棋選集」#69とほぼ同じ。
勝浦選集690手


◆10月号詰将棋サロン、井上賢一
201710将世30手

実戦型からの巣籠りは割と最近見た記憶が。
パラ2015.5ヤン詰遺作展、岩田俊二(17手詰)
201505岩田30手

まあ、巣籠りの収束は大概こんな感じだが。


◆10月号詰将棋サロン、白木吉孝
 飛打飛成を何としても入れたい気持ちは分かる。
201710将世50手

そこに、こだわらなければ近代将棋1992.3植田尚宏(13手詰)
2108ueda0手


◆11月号詰将棋サロン、手島愛雄
201711将世10手

これは調べるまでもなく、過去記事にある森美憲とほぼ同じ手順。
なお記事中の「このサイトにある作」は大山康晴「実戦に強くなる詰将棋100」#26らしい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。