someone like you

同一作検索の漏れ(その2)

◆「詰将棋」(トーレン・ミニブック刊行会編/伊藤果監修、1984年12月発行)No.91
詰将棋910手

入門編の作なので他にも衝突していそうだが、同一作検索では報知新聞1989年5月3日伊藤果。
トーレン・ミニブック「詰将棋」は8cm×5cmの豆本。5手~13手の詰将棋200局を収録。ほかに古典詰将棋を紹介している。
作者名はどこにもない。「四百人一局集」156頁でも著書には挙げられていない。


◆森美憲、将棋世界1981年10月号付録「新作詰将棋39局」No.8
新作080手

同一作検索では、パラ2006年6月号小林直義。
「四百人一局集」で森さんが初入選作として挙げているのは本作。
ところで最近ツイートしたこのサイトにある作は誰の作?


◆パラ2011年2月号ヤング・デ・詰将棋解付コーナー、西村福太郎
201102ヤンデE0手

まだデータベースにエントリーされていないが忘れないうちに指摘しておく。
-cooo-'s room」というサイトにある作。最終更新日は2009.6.16とあるのでこちらの方が早そうだ。
続きを読む

将棋世界2015年7月号

◆詰将棋サロン、島勇三
201507将世10手

このパターンは多いが、まず3手目以降は
将棋月報1936年2月号市川一郎(9手詰)と同じ。
2042ichikawa0手

21の駒を打つようにしたのが清野静男「詰棋精通」No.27(1948年12月発行、13手詰)
2699seino0手

さらに手の込んだことをするのがパラ1956年1月号北原義治(23手詰)
1512kitahara0手


◆詰将棋サロン、川西直哉
 二連打+二連打
201507将世50手

後半の二連打はパラ1973年5月号山中龍雄(7手詰)にあった。
2586yamanaka0手


◆詰将棋サロン、武島宏明
 きれいすぎるか。
201507将世60手

邪魔駒消去部分は近代将棋1997年12月号田島秀男(27手詰)にある。
3895tajima0手
3手目42金のところ44桂の余詰がある。


◆詰将棋サロン、清水透
 月間優秀作だが、変長っぽい雰囲気。
 無駄合との解釈だろうが、紛れでは有効合になるだけに後味悪い。
201507将世80手

似たような銀の動きの作を一局。
パラ2007年3月号砂川順一(11手詰)
1505sunagawa0手

詰将棋パラダイス2015年6月号

◆A級順位戦、芹田修
201506A級10手

収束が変わっていると思ったが、なくはなかった。
将棋世界1998年3月号原亜津夫(11手詰)
4275hara0手

パラ2003年11月号呉一郎(=片山倫生、7手詰)
3339kure0手


◆C級順位戦、楓香住
201506C級70手

次図の別バージョンかな。(と思いましたがハズレでした)
将棋ジャ-ナル1987年4月号小林敏樹(9手詰、小林敏樹短編名作集No.20)
0985kobayashi0手