FC2ブログ

someone like you

2014年10月02日 の記事一覧

詰将棋パラダイス2014年9月号(その2)

◆アマ連杯握り詰、山路大輔
全国大会で作品解説を聴いて良さそうな作だとは思ったが、あらためて自分の頭で考えてみると素晴らしさが良く分かる。
201409アマ20手

収束が似た作を紹介。
パラ1982年1月号新田道雄(19手詰、金波銀波集168番)
1191nitta0手


◆アマ連杯握り詰、久保紀貴
平成25年度看寿賞の作者。握り詰とは思えない構想作。しかも2枚の大駒がきれいに消える。
201409アマ30手

ほとんど関連性はないが紹介したいので紹介してしまう。
パラ1978年6月号上間優(9手詰)
2947uema0手


◆創棋会作品展、久保紀貴
将来の打歩詰に備えた打診捨駒。作例は少ないと思う。
201409創棋30手

飛車を縦に捨てる作があるで紹介。(打診捨駒でなかったらごめんなさい)
パラ1989年6月号富沢岳史(39手詰)
2986tomizawa0手
作意はここで。宵鶴の間・ミーナ氏の作品集


◆デパート、摩利支天「雪の帰り道」
飛角図式
201409デパ30手
指摘するまでもないがオリジナルは図巧63番(図面と手順は詰将棋博物館で)
同様の趣向は九代宗桂、徳川家治、福泉藤吉、田中至にあるが収束を付けたことは評価できそう。

なお田中至は龍を押し上げるタイプではなく、引き寄せるタイプなので紹介しておく。
パラ1982年4月号田中至(41手詰)
1462tanaka0手


続きを読む