someone like you

攻方桂の5段活用

単なるメモです。
不完全作もあります。
柿木先生にお伺いも立てていません。

二代伊藤宗印・将棋勇略91番(39手詰)
0596souin0手

久留島喜内・将棋妙案63番(31手詰)
2033kurushima0手

詰将棋パラダイス1956年11月号・黒川一郎「狂獅子」(69手詰)
2727kurokawa0手

詰将棋パラダイス1970年1月号・三木正道(83手詰)
4426miki0手

詰将棋パラダイス1985年1月号・田中至(15手詰)
4521tanaka0手

詰将棋パラダイス1990年4月号・三輪勝昭(31手詰)
3630miwa0手

近代将棋1990年10月号・深井一伸(19手詰)
1680hukai0手

詰将棋パラダイス1995年06月号・須藤大輔(33手詰)
3605sudou0手

詰将棋パラダイス2003年4月号・岸原秀行(43手詰)
2727kishihara0手

詰将棋パラダイス2004年6月号・井上徹也(29手詰)
4130inoue0手

詰将棋パラダイス2010年11月号・赳と英(19手詰)
5773Take0手
続きを読む

将棋評論1947年12月号岩隈静雄ほか

調べ物の途中で目にとまった3作。

◆将棋評論1947年12月号、岩隈静雄(17手詰)
ツイッターで紹介したらかなり反響があった。
0044iwakuma0手

発表当時の解説・評価が知りたいとツイートがあったが私も知りたい。
パラ1968年7月号で一度紹介されているようだが。


◆将棋月報1943年5月号、吉田一歩(11手詰)
飛車の打ち場所が非限定で、柿木将棋では余詰判定だが。
4107yoshida0手

当時としてはインパクトがある筋と思う。
嚆矢となる作を知りたい。

◆将棋日本1939年4月号、中山初段(37手詰)
並べれば理解できる手順だけに成程と思ってしまった。
ただ、11香は14香ぐらいにしたい。
大学級なので動く将棋盤で。


中山初段は中山修一と同一人物のようだ。

この3人、秀局懐古録上巻や百人一局集にも名前はない。

からくり箱57番ほか

最近気づいたことを三つほど。

◆詰将棋パラダイス2012年1月号、井狩雅人(=岡田敏、11手詰)
201201中40手

パラ2001年12月号に本名で発表済。


◆詰将棋パラダイス2012年5月号、北岡正一(33手詰)
201205大聴10手

類作ではないが収束は近代将棋1952年11月号北原義治(25手詰)と重なる。
0541kitahara0手


◆詰将棋パラダイス1986年3月号、駒三十九(=酒井克彦「からくり箱」57番、25手詰)
馬の王手に気付き邪魔駒と知る。
0187koma0手

7手目以降の手順は先行作があった。
近代将棋1965年9月号坂本薫(21手詰)
3408sakamoto0手

明日も更新します。

将棋世界2013年12月号

◆詰将棋サロン、野村量
 9手目は不成としたくなる。でも違う。
201312将世20手

実際、不成とした作があった。もう少し何とかしたい作だが。
パラ1987年8月号佐々木康
1176sasaki0手


◆詰将棋サロン、沖昌幸
打った金が邪魔になるという仕掛け。
201312将世30手

最終手のために角を消去する方法もあるようだ。
将棋世界1974年7月号座間幹夫
3940zama0手

将棋世界1998年6月号村山隆治(五風十雨45番)
4381murayama0手
私の世代は皆「詰将棋教室」で創作を学んだ。ご冥福を祈ります。


◆詰将棋サロン、本田勇
201312将世40手

収束部分の先行例は数多いと思ったが1作だけだったので載せておく。
パラ1984年1月号田中至
3364tanaka0手


◆詰将棋サロン、金子義隆
筋がつかみ難い。合駒請求でようやく見えてくる。
201312将世70手

全く別物だが雰囲気が似ているので参考までに。
パラ1976年5月号中川豊樹
(36飛以下の21手詰だが、初手36金及び38桂の余詰がある。)
0436nakagawa0手

詰将棋パラダイス2013年11月号(その2)

◆高等学校、武島宏明
 類作ネタでなく勝手に解説しています。
 普通に進めると龍-飛の並びになり打歩詰。それを打開すべく、飛-龍の並びにする。
201311高230手

角と馬での組合せは同じ作者のパラ2012年8月号
201208大40手
同一ライン上の成駒を生駒にすり替えるのは無双85番が最初だろうが、並び順を変えるのは初めて見る構想。
湯村光造の「歩詰手筋総まくり」を当たってみたがは該当はなかった。
それでも新構想と断言する勇気はなかったが、平均点が2.61しかないのには驚いた。

最近見たプロブレムに似たような筋があった。
「ENCYCLOPEDIA OF CHESS PROBLEMS」のANTI-ZEPLER DOUBLINGの項にある3作。
(1年前に買ったのにまだAの項…)

◆ZEPLER,Erich / Kongressbuch Teplitz-Schönau 1923 /#4
0122zepler.gif
1.Bc6として次に2.Rc3を狙うのは1...Bg7とされQ-Bの並び順は強力なQが先頭のためうまくいかない。
そこで1.h8=Q! Qxh8と移動させてから2.Bc6とすれば2...Bg7と受けるしかなくBが先頭になるので、
3.Rc3+ Bxc3 4.d3#。c3に来る駒がBなので 4.d3が可能となる。

◆ZEPLER,Erich / Kongressbuch Teplitz-Schönau 1922 /#5
 上の作とは逆にQ-Bの並びにしてQを先頭に持ってくる。
0123zepler.gif
単に1.Rb4では1...Qf4と受けられB-Qの並びになってしまい失敗する。
上の作と同様に1.Bg3! Bxg3 と捨駒でBを移動する。
続いて2.Rb4 Qf4となればQ-Bの並びとなる。
3.c7+ Qxc7 4.bxc7 Bxc7 5.Sc6#
c7で清算したのち残る駒がBなのでを5.Sc6が可能。意味合いは最初の問題と同じ。

◆TRILLING,Anton / Essener Anzeiger 19.12.1935/(v) /#4
 こちらは白の駒の並びを変える。
0124trilling.gif
単純に1.Qd4とし2.Qxg7#を狙うのは1...g1=Q!とピンされQが動けない。
そこで1.Be5とBを前に出す。次に2.Qd4~3.Bxg7#の狙い。
それを避けるために1...Bb2と防ぐが2.Bxb2 f2に3.Qa1と回られ、どう応じても4.Bxg7#となる。

同じラインに並ぶのがダブリングで、それを逆さまの並びにするからアンチなのかな。
自分なりの理解で書いているので間違っていたらごめんなさい。

詰将棋パラダイス2013年11月号(その1)

◆表紙、鈴川優希
 この合駒には感心した。
201311表紙0手

初めから持駒にしている作はこちら。
パラ1991年8月号本間精一
0525honma0手


◆ヤング・デ・詰将棋、武島宏明
 後に跳ね出す桂をセッティングするのがうまい。
201311ヤン30手

残念ながらメインの部分は近代将棋2006年6月号上田吉一(詰将棋解答選手権出題作)にある。
1633ueda0手


◆小学校、橋本守正
 歩合で駄目と即断しそう。
201311小230手

同様手順だが19に馬が利いている分、次図が優っている。
パラ1970年2月号中出慶一
4445nakaide0手


◆短期大学、井上徹也
 前半に絶妙手。
201311短220手

後半は既成手順なので、そのオリジナルを調べてみた。
多分これが一番古そう。
近代将棋1951年2月号辰村純治
0210tatumura0手

34香、33飛合と進む手順にアレ?と思う人は鋭い。
近代将棋1986年11月号若島正(盤上のファンタジア60番、看寿賞・塚田賞)
盤上のファンタジア600手
馬が44だと35に引く手があるので逆算当初から55に置いていたと作者は解説している。
生角ならば44でも大丈夫なわけで、並の作家ならばこちらを選びそうだ。