FC2ブログ

someone like you

同一検索の漏れ(その9)

2018/10/23(火) 21:01:14 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
◆将棋世界1989.5付録 野口益雄「タイムトライアル112詰将棋編」初級#25
タイム1989初250手

同一検索では中学三年コース1990.7五十嵐豊一


◆同初級#32
タイム1989初320手

同一検索では中学二年コース1990.9五十嵐豊一


◆同上級#01
タイム1989上010手

同一検索ではアサヒ芸能1992.10.29谷川浩司及び佐藤康光(正確には佐藤康光推薦 近代将棋編集部編)「新しい詰将棋初段120」(1999.9発行)#62


◆将棋世界1991.9付録 野口益雄「タイムトライアル112短篇詰将棋」中級#18
タイム1991中180手

同一検索ではスマホ詰パラNo.6468
今のところ削除されていない。


◆同上級#09
タイム1991上090手

同一検索ではスマホ詰パラNo.6688
これも削除されていない。

T-Base脱落作

2018/05/04(金) 15:05:25 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT


詰将棋の欠片でT-Base登録作をチェックしていたら、近代将棋1970.7中出慶一作及び中井幸雄作が脱落していることが判明した。
本来あるべき場所には近代将棋1973.3竹内京子と近代将棋1973.4塩沢雅夫(1973.4の誤り)が重複して登録されていた。
hiroさんに図面を教えてもらったので載せておきます。

◆近代将棋1970.7中出慶一
0128nakaide0手

16馬が…


◆近代将棋1970.7中井幸雄
0129nakai0手

香先香歩だが初手32龍の余詰がある。36桂→16桂なら完全か。

同一作検索の漏れ(その8)

2017/09/15(金) 20:05:05 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
前々月の続きで、トーレン・ミニブック「詰将棋」(伊藤果監修、1984年12月発行)から2作。

#68
詰将棋680手

同一作検索ではサンケイスポーツ2010.5.8勝浦修


#103
詰将棋1030手

同一作検索ではレジャーニューズ1991.1.18田中寅彦
トーレン・ミニブックについては以上

8月のたま研で森敏宏さんが堀内和雄さんについて話していたので、
作品集の「ねむりねこ」(将棋ジャーナル1992.12特別付録)を調べてみた。
該当は1作。
◆堀内和雄「ねむりねこ」#32(初出 すぽっと第2号/1978秋)
ねむりねこ320手

同一作検索では田中寅彦「詰将棋実力テスト四・五・六級」(1986.6発行)#116
正確には田中寅彦監修なので真の作者かもしれないが。

なお、堀内弧生以外にも帆足海彦と若谷純のペンネームがあることが判明した。

同一作検索の漏れ(その7)

2017/07/09(日) 19:37:07 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
以前一度取り上げたことのあるトーレン・ミニブック「詰将棋」(伊藤果監修、1984年12月発行)
作者は「四百人一局集」156頁の人である。
前回は#91を取り上げたが、以下の17作も同一作検索をすると作者が伊藤果と表示される。正確には出題者だろう。伊藤プロの問題集には一題も収録されていない。

#74
i詰将棋740手


#88
i詰将棋880手


#92
i詰将棋920手


#94
i詰将棋940手


#105
i詰将棋1050手


#112
i詰将棋1120手


#126
i詰将棋1260手


#150
i詰将棋1500手


#155
i詰将棋1550手


#170
i詰将棋1700手


#172
i詰将棋1720手


#175
i詰将棋1750手


#178
i詰将棋1780手


#180
i詰将棋1800手


#193
i詰将棋1930手


#195
i詰将棋1950手


#200
i詰将棋2000手

同一作検索の漏れ(その6)

2017/05/06(土) 15:00:55 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
◆野口益雄「図式無極篇」#4(安全スタッフ1979.5.15発表)
無極篇040手

同一作検索では大阪スポーツ1980.12.2伊藤果


◆野口益雄「図式無極篇」(1982.3発行)#10
無極篇100手

同一作検索では将棋マガジン1978.9編集部
作者が判明した。


◆野口益雄「図式無極篇」#21(安全スタッフ1980.5.25)
無極篇210手

同一作検索では徳島新聞1993.7.6穂上武史


◆野口益雄「練習局中級詰将棋64」(1980.7発行)#43
中級430手

同一作検索ではザ・テレビジョン1990.5.4林葉直子


◆北浜健介「脳トレ7手詰」(2009.6発行)#5
脳トレ7手050手

北浜健介「脳トレ7手詰」#20
脳トレ7手200手

佐藤康光「康光流詰将棋の極意」(2008.11発行)#98
康光流980手

いずれも同一作検索では別作者でスマホ詰パラと出てくる。
なお、スマホ詰パラからは既に削除されている。


◆佐藤康光「康光流詰将棋の極意」#145
康光流1450手

同一作検索ではサンデータイムス2010.9.12作者不明


◆佐藤大五郎「大五郎の痛快5手7手」(将棋世界1997.8付録)#5
大五郎痛快1_050手

同一作検索では埼玉新聞2009.4.12小島一宏


◆佐藤大五郎「大五郎の痛快5手7手」#12
大五郎痛快1_120手

同一作検索では埼玉新聞2009.6.28小島一宏


◆佐藤大五郎「大五郎の痛快5手7手PART4」(将棋世界1999.2付録)#4
大五郎痛快4_040手

同一作検索では埼玉新聞2008.6.15小島一宏


◆浦野真彦「7手詰ハンドブック」(2011.5発行)#28
7手ハンド280手

同一作検索ではイブニング2011.9.6飯島栄治


◆浦野真彦「7手詰ハンドブック」(2011.5発行)#114
7手ハンド1140手

同一作検索ではイブニング2011.10.11飯島栄治


◆柳田明「奇想曲」(1988.1発行)#11(ファイヤーかわさき1986.5発表)
奇想曲110手

同一作検索では近代将棋1996.12作者不明
詰パラ広告なので作者は詰パラ編集部のどなたかだろう。


◆柳田明「奇想曲」#84(全逓新聞1982.6.26発表)
奇想曲840手

同一作検索ではスポーツニッポン1997.1.1中原誠
柳田作以前に同一作があっても不思議ではないが。