someone like you

同一作検索の漏れ(その6)

2017/05/06(土) 15:00:55 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
◆野口益雄「図式無極篇」#4(安全スタッフ1979.5.15発表)
無極篇040手

同一作検索では大阪スポーツ1980.12.2伊藤果


◆野口益雄「図式無極篇」(1982.3発行)#10
無極篇100手

同一作検索では将棋マガジン1978.9編集部
作者が判明した。


◆野口益雄「図式無極篇」#21(安全スタッフ1980.5.25)
無極篇210手

同一作検索では徳島新聞1993.7.6穂上武史


◆野口益雄「練習局中級詰将棋64」(1980.7発行)#43
中級430手

同一作検索ではザ・テレビジョン1990.5.4林葉直子


◆北浜健介「脳トレ7手詰」(2009.6発行)#5
脳トレ7手050手

北浜健介「脳トレ7手詰」#20
脳トレ7手200手

佐藤康光「康光流詰将棋の極意」(2008.11発行)#98
康光流980手

いずれも同一作検索では別作者でスマホ詰パラと出てくる。
なお、スマホ詰パラからは既に削除されている。


◆佐藤康光「康光流詰将棋の極意」#145
康光流1450手

同一作検索ではサンデータイムス2010.9.12作者不明


◆佐藤大五郎「大五郎の痛快5手7手」(将棋世界1997.8付録)#5
大五郎痛快1_050手

同一作検索では埼玉新聞2009.4.12小島一宏


◆佐藤大五郎「大五郎の痛快5手7手」#12
大五郎痛快1_120手

同一作検索では埼玉新聞2009.6.28小島一宏


◆佐藤大五郎「大五郎の痛快5手7手PART4」(将棋世界1999.2付録)#4
大五郎痛快4_040手

同一作検索では埼玉新聞2008.6.15小島一宏


◆浦野真彦「7手詰ハンドブック」(2011.5発行)#28
7手ハンド280手

同一作検索ではイブニング2011.9.6飯島栄治


◆浦野真彦「7手詰ハンドブック」(2011.5発行)#114
7手ハンド1140手

同一作検索ではイブニング2011.10.11飯島栄治


◆柳田明「奇想曲」(1988.1発行)#11(ファイヤーかわさき1986.5発表)
奇想曲110手

同一作検索では近代将棋1996.12作者不明
詰パラ広告なので作者は詰パラ編集部のどなたかだろう。


◆柳田明「奇想曲」#84(全逓新聞1982.6.26発表)
奇想曲840手

同一作検索ではスポーツニッポン1997.1.1中原誠
柳田作以前に同一作があっても不思議ではないが。

同一作検索の漏れ(その5)

2017/01/22(日) 21:01:26 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
◆勝浦修「詰将棋道場7手~11手」#85(2007.3発行)
道場711_0850手

同一作検索では夕刊フジ2012.3.16関根茂


◆「金田秀信全作品」#23(1974.10発行)
金田秀信全230手

同一作検索ではサンケイスポーツ1977.1.22坂口允彦


◆「金田秀信全作品」#53
金田秀信全530手

同一作検索ではNHK将棋講座1988.2.21中村修
なお、中村修は誤りで伊藤果が正しい。


◆「金田秀信全作品」#54
0944para0手

同一作検索では近代将棋2003.12詰パラ編集部
なお、本図は将棋評論1948.4の修正図


◆金田秀信「短編詰将棋百番」#13(1993.6発行)
金田短編130手

同一作検索ではパラ2003.12野村量


◆社会新報1981.11.10佐藤庄平
 これは佐原さん情報
伊藤傑作350手

同一作検索では中日スポーツ1990.11.18中田章道
なお、将棋世界1992.2付録「伊藤果傑作短編集」にも同一図がある。


◆柴田昭彦「やさしい詰将棋180」#3(2000.5発行)
やさしい詰将棋030手

同一作検索では埼玉新聞2010.12.26小島一宏


◆柴田昭彦「やさしい詰将棋180」#12
やさしい詰将棋120手

同一作検索では埼玉新聞2012.1.15小島一宏


◆柴田昭彦「やさしい詰将棋180」#151
1008para0手

同一作検索では近代将棋2004.3詰パラ編集部
作者が判明


◆柴田昭彦「やさしい詰将棋180」#174
1115kawa0手

同一作検索ではパラ2001.12川本聖


◆将棋世界2007.9付録「伊藤果に挑戦!タイムトライアル60」#9
タイムトライアル090手

同一作検索では埼玉新聞2011.3.13小島一宏
及び
伊藤果「詰将棋タイムトライアル」#9(2012.4発行)


◆You Tube「斎藤五段が解く難問詰将棋」(ニコニコ動画にもあります)
20140111You0手

同一作検索では作者が「斎藤慎太郎(?)」となっているが
作者は井上徹也

同一作検索の漏れ(その4)

2016/09/10(土) 22:05:06 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
さる御方に、近代将棋1953年新年号第二付録「詰將棋短篇傑作集」を見せていただいたので、その調査報告

◆第1番 三池賀泰(みいけよしひろ)
短編傑作010手

同一作検索では大山康晴


◆第13番 小川悦勇(おがわえつお)
短編傑作130手

同一作検索では徳島新聞(1954.2.3)作者不明


◆第18番 落合健次(おちあいけんじ)
短編傑作180手

同一作検索では徳島新聞(1953.12.9)作者不明


◆第20番 大井美好(おおいみよし)
4091ooi0手

同一作検索をするとパラ1974.10中学とパラ1984.12短競に入選


◆第23番 岩谷良雄(いわやよしお)
短編傑作230手

同一作検索では徳島新聞(1953.10.21)作者不明


◆第27番 米津正晴(よねづまさはる)
短編傑作270手

同一作検索では徳島新聞(1953.3.29)作者不明


◆第31番 金田秀信(かねだひでのぶ)
短編傑作310手

同一作検索では徳島新聞(1953.7.30)作者不明


◆第33番 里見義周(さとみよしかね)
短編傑作330手

同一作検索では有吉道夫「有吉詰将棋200題」


◆第36番 内田昭吉(うえだしょうきち)
短編傑作360手

同一作検索では徳島新聞(1953.12.21)作者不明


◆第39番 前藤浩(まえとうひろし)
0219mae0手

同一作検索では大山康晴
村山隆治さんの「続・詰将棋の能率的勉強法」では前藤浩と紹介されてはいるが初出はない。

◆第40番 村木德(むらきのぼる)
短編傑作400手

同一作検索では渡部正裕


◆第49番 原子壽丸(はらことしまる)/余詰
0038hara0手

同一作検索では近代将棋とか徳島新聞とかあおもり県南とか(作者は青森県在住)

********************************************
読者投票1位は第7番北原義治だが、これについては過去記事の渡辺東一を参照。

なお、作者自身が書いたと思われるプロフィールも併せて掲載されているが、伊勢重治は「いせじゅうじ」とルビが振られている。(「三百人一局集」も「四百人一局集」も「いせしげはる」)

同一作検索の漏れ(その3)

2016/08/20(土) 22:01:49 T-Base THEME:将棋 (ジャンル : ゲーム EDIT
1年以上、間隔が空いてしまった。
◆二上達也「二上詰将棋」(1993.12発行)No.366
二上詰将棋3660手

同一作検索では、デイリースポーツ2009.2.11内藤國雄


◆清水孝晏「将棋清光」(1974.6発行)No.5
清光050手

同一作検索では、東京中日スポーツ1980.12.24太期喬也


◆清水孝晏「将棋清光」No.6
清光060手

同一作検索では、飯野健二「3・5・7手実戦型詰将棋」No.163


◆清水孝晏「将棋清光」No.11
清光110手

同一作検索では、東京中日スポーツ1980.10.27太期喬也


◆清水孝晏「新選詰将棋200題」(1968.6発行)七手詰No.80
清水新選7_800手

同一作検索で同時に川崎弘「北斗」と出るのは誤り。
「北斗」のコラムで清水作を紹介しているに過ぎない。


◆田中寅彦「実戦・詰め将棋」(1986.6発行)中級編No.15
田中実戦中150手

3手目から余詰がある。
同一作検索では、三宅英治「詰将棋問題集」No.430。
これ、どういう本なのか知らないが、おそらく三宅英治編だろう。


◆将棋世界2008.1新春炙り出し詰将棋
00020手

00030手

漏れではなくT-baseの誤りだが、同一作検索では作者は内藤國雄。
実際は編集部出題で作者名の記載はなかったらしい。
将棋世界誌を確認していないが、真の作者から聞いた話なので、そうなのだろう。


◆板谷進詰将棋短編好局集(2016.4発行)No.91
板谷進910手

同一作検索では、中日新聞1973.11.25作者不明。
なお、この作品集の収録作を同一作検索すると半数近くが板谷四郎でヒットする。


◆野口益雄「千里図式」(1978.3発行)No.13
千里130手

同一作検索では、デイリースポーツ1988.2.3内藤國雄

同一作検索の漏れ(その2)

◆「詰将棋」(トーレン・ミニブック刊行会編/伊藤果監修、1984年12月発行)No.91
詰将棋910手

入門編の作なので他にも衝突していそうだが、同一作検索では報知新聞1989年5月3日伊藤果。
トーレン・ミニブック「詰将棋」は8cm×5cmの豆本。5手~13手の詰将棋200局を収録。ほかに古典詰将棋を紹介している。
作者名はどこにもない。「四百人一局集」156頁でも著書には挙げられていない。


◆森美憲、将棋世界1981年10月号付録「新作詰将棋39局」No.8
新作080手

同一作検索では、パラ2006年6月号小林直義。
「四百人一局集」で森さんが初入選作として挙げているのは本作。
ところで最近ツイートしたこのサイトにある作は誰の作?


◆パラ2011年2月号ヤング・デ・詰将棋解付コーナー、西村福太郎
201102ヤンデE0手

まだデータベースにエントリーされていないが忘れないうちに指摘しておく。
-cooo-'s room」というサイトにある作。最終更新日は2009.6.16とあるのでこちらの方が早そうだ。
続きを読む