someone like you

同一作検索の漏れ(その4)

さる御方に、近代将棋1953年新年号第二付録「詰將棋短篇傑作集」を見せていただいたので、その調査報告

◆第1番 三池賀泰(みいけよしひろ)
短編傑作010手

同一作検索では大山康晴


◆第13番 小川悦勇(おがわえつお)
短編傑作130手

同一作検索では徳島新聞(1954.2.3)作者不明


◆第18番 落合健次(おちあいけんじ)
短編傑作180手

同一作検索では徳島新聞(1953.12.9)作者不明


◆第20番 大井美好(おおいみよし)
4091ooi0手

同一作検索をするとパラ1974.10中学とパラ1984.12短競に入選


◆第23番 岩谷良雄(いわやよしお)
短編傑作230手

同一作検索では徳島新聞(1953.10.21)作者不明


◆第27番 米津正晴(よねづまさはる)
短編傑作270手

同一作検索では徳島新聞(1953.3.29)作者不明


◆第31番 金田秀信(かねだひでのぶ)
短編傑作310手

同一作検索では徳島新聞(1953.7.30)作者不明


◆第33番 里見義周(さとみよしかね)
短編傑作330手

同一作検索では有吉道夫「有吉詰将棋200題」


◆第36番 内田昭吉(うえだしょうきち)
短編傑作360手

同一作検索では徳島新聞(1953.12.21)作者不明


◆第39番 前藤浩(まえとうひろし)
0219mae0手

同一作検索では大山康晴
村山隆治さんの「続・詰将棋の能率的勉強法」では前藤浩と紹介されてはいるが初出はない。

◆第40番 村木德(むらきのぼる)
短編傑作400手

同一作検索では渡部正裕


◆第49番 原子壽丸(はらことしまる)/余詰
0038hara0手

同一作検索では近代将棋とか徳島新聞とかあおもり県南とか(作者は青森県在住)

********************************************
読者投票1位は第7番北原義治だが、これについては過去記事の渡辺東一を参照。

なお、作者自身が書いたと思われるプロフィールも併せて掲載されているが、伊勢重治は「いせじゅうじ」とルビが振られている。(「三百人一局集」も「四百人一局集」も「いせしげはる」)

将棋世界2016年9月号

◆懸賞詰将棋、若島正
 この形で打歩詰誘致の捨合は結構ポピュラーだが、移動捨合は本作しかなかった。
201609若島0手

ポピュラーな中で一番古そうな作
将棋ジャーナル1979年11月号美馬和夫(17手詰)
0105mima0手


◆詰将棋サロン、島良三
 詰上りは予想できるが3手目が案外指しにくい。
201609将世10手

詰将棋道場に同一手順作ありと桂花さんがツイートしていたので探しました。
勝浦修「詰将棋道場」No.74(9手詰。2006.10発行)
道場0740手

さらに、こんなのも見つけた。
勝浦修「勝浦詰将棋選集」No.100(19手詰。2006.12発行)
勝浦選集1000手

15歩を16歩にしただけで桂の入手がテーマとなる。

詰将棋パラダイス2016年8月号

◆小学校、門田和雄・柴田八十一/合作
 有名作の簡易版
201608小70手

図巧第8番とパラ1999年12月号三谷郁夫(短コン優勝、「夢銀河」収録)は、作者も選者も百も承知だろう。
有名作なので図面は省略。


◆高等学校、海老原辰夫
 角は37に打つ一手と思った。
201608高70手

そう思ったのはこの作が念頭にあったから。
近代将棋1972年10月号山崎知之(9手詰、塚田賞)
0706yama0手
5手目13飛の余詰がある。(13桂ならOK?)

山崎作は桂跳ねの意味を飛車筋遮断にしたのが工夫。
駒取り目的ならば、これ以前に次の作がある。
近代将棋1959年7月号奥田利一(13手詰)
1871oku0手


◆新人コンクール、驫飛龍
 スマホ詰パラで見かける作者だが「轟」だと思っていた。
 老眼にはツライ漢字。
201608新10手

取らせ短打以降は類型的か。
パラ1962年10月号北川明(11手詰)
1299kita0手


◆新人コンクール、三戸蓮
 流し素麺のような手順。
201608新40手

74龍が離れているので54飛にして34角以下とも思うが、34角はあくまで見せ手にしておきたいのだろう。
パラ2015年10月号筑木力(17手詰)
201510ヤ10手


◆デパート、相馬慎一
 前半が長いが打歩詰回避の打換え
201608デ40手

3年近く前に没作として作者がツイートした作がこれ。(21手詰。56歩は後に追加)
20131125相馬0手

パラ2013年8月号の金子清志作と同構想とコメントしている。
金子作については過去記事参照。
打歩の地点が二段目か四段目かの違いがある。

同一作検索の漏れ(その3)

1年以上、間隔が空いてしまった。
◆二上達也「二上詰将棋」(1993.12発行)No.366
二上詰将棋3660手

同一作検索では、デイリースポーツ2009.2.11内藤國雄


◆清水孝晏「将棋清光」(1974.6発行)No.5
清光050手

同一作検索では、東京中日スポーツ1980.12.24太期喬也


◆清水孝晏「将棋清光」No.6
清光060手

同一作検索では、飯野健二「3・5・7手実戦型詰将棋」No.163


◆清水孝晏「将棋清光」No.11
清光110手

同一作検索では、東京中日スポーツ1980.10.27太期喬也


◆清水孝晏「新選詰将棋200題」(1968.6発行)七手詰No.80
清水新選7_800手

同一作検索で同時に川崎弘「北斗」と出るのは誤り。
「北斗」のコラムで清水作を紹介しているに過ぎない。


◆田中寅彦「実戦・詰め将棋」(1986.6発行)中級編No.15
田中実戦中150手

3手目から余詰がある。
同一作検索では、三宅英治「詰将棋問題集」No.430。
これ、どういう本なのか知らないが、おそらく三宅英治編だろう。


◆将棋世界2008.1新春炙り出し詰将棋
00020手

00030手

漏れではなくT-baseの誤りだが、同一作検索では作者は内藤國雄。
実際は編集部出題で作者名の記載はなかったらしい。
将棋世界誌を確認していないが、真の作者から聞いた話なので、そうなのだろう。


◆板谷進詰将棋短編好局集(2016.4発行)No.91
板谷進910手

同一作検索では、中日新聞1973.11.25作者不明。
なお、この作品集の収録作を同一作検索すると半数近くが板谷四郎でヒットする。


◆野口益雄「千里図式」(1978.3発行)No.13
千里130手

同一作検索では、デイリースポーツ1988.2.3内藤國雄

2016年7月のツイートまとめ

ツイッターに掲載した詰将棋の取りまとめです。

◆近代将棋1970年9月号、加藤速雄
01820手

#スマホ詰パラ No.7721 似たような作はいくつかあるけど決定版はこれ


◆1951年10月7日毎日新聞夕刊の詰将棋


丸田祐三八段の作は旧パラに紹介されている。
一部配置が見えている大山康晴九段の作を復元しようと試みたが、
余詰との兼ね合いで結構難しい。一応作ってみたが、これだと変同がある。
ooyama0手

(全く反響なかったけど本当はどんな図だったのだろう)


◆パラ2013年3月号、野村量
201303デパ30手

#スマホ詰パラ No.7747 合駒非限定はやや気になるが初手を入れた以上仕方なしか。参考までに。


◆「加藤博二詰将棋200題」9手詰No.24


こんなのがありました。「加藤博二詰将棋200題」9手詰No.24
katou0手

(なお、過去記事も参照してください)


◆パラ1968年2月号宿利誠
2249yadori0手

#今日のお気に入り詰将棋 結構ハラハラする。


◆作者は誰?
201607160手

とあるサイトで見つけた作。山本民雄に同一手順作があるが、こんなスマートな配置ではない。作者は誰?
(結局わからないまま)


◆将棋ジャ-ナル1984年11月号芳賀徹(ジャーナル賞、「芳賀詰将棋」収録)
0607haga0手

「詰物語」No.9の作者解説に「ある作家がこの変化を素材にした作品を某誌に発表したところ、何と受賞してしまった」とあるが、これでしたか。
ちなみに「詰物語」No.9はこれ。近代将棋1984年8月号森長宏明
4306mori0手 続きを読む